コスタ・ド・デスコブリメント大西洋岸森林保護区群

Descobrindo... a Costa do Descobrimento

遺産名:Reservas de Mata Atlantica da Costa do Descobrimento
場所: バイーア州南部からエスピリット・サント州北部
登録区分:自然遺産
登録年:1999年
アクセス:エスピリット・サント州都ビトリアまたはバイーア南部主要都市からバスまたは車。

コスタ・ド・デスコブリメントの大西洋岸森林保護区群は、南米大陸の大西洋岸に広がる森林のうち、バイーア州南部からエスピリト・サント州北部にかけて広がる8つの自然保護区から成り、アマゾンと並ぶ森林地帯となっています。

開発される前は、アマゾン森林の4分の1相当の1億ヘクタール弱の面積ほどありましたが、植民地化、コーヒー栽培の農地開発等により現在では7%程度しか残されていないと言われています。

また、この地域で見られるのは樹木ではパウ・ブラジル、アッサイヤシ、ブラジルゾウゲヤシなど、動物ではタテガミナマケモノ、ホソオヤマアラシ、ジャガーなどが生息し独自の生態系を維持していますが、パウ・ブラジルはの木など、乱伐・乱獲により現在は絶滅危惧種に指定されているものもあります。

そのことから、多様な生物が生息していることはもちろん、固有動植物も多く、生物進化の研究上も貴重な場所であることから、1999年にユネスコ世界遺産へと登録されました。


[スポンサード・リンク]