ブラジルの世界遺産

256px-Cristo_Redentor_-_Rio.jpg

ブラジルには数々の世界遺産があります。

2013年10月現在、ユネスコの世界遺産に登録されているブラジルの文化遺産は12件、また自然遺産は7件、合計で19件が登録されています。世界遺産国別登録数では10位のアメリカの合計21件に次ぐ11位(オーストラリアと同位)になっています。(画像:By Sean Vivek Crasto [Public domain], via Wikimedia Commons)ちなみに、比較するのもおかしいですが、日本は先日登録された富士山を含め文化遺産が13件、自然遺産4件で、合計17件で13位となっています。

さて、ブラジルは全国にまたがり非常に魅力的な地域がたくさんあります。誰もが聞いたことある、アマゾン。世界の肺と呼ばれ中央アマゾン保全地域群として登録されています。また、リオのカーニバルで有名なリオデジャネイロはブラジルの美しい海岸線の一つです。

海に目を向けると、透明度の高いコバルトブルーの海と豊富な生物資源が広がるフェルナンドデノローニャがあります。更に、ブラジルとアルゼンチンにまたがり、ヴィクトリアの滝、ナイアガラの滝と並んで、世界三大瀑布の一つであるイグアスノ滝。その滝のあるイグアス国立公園、等など…

文化を追うと金脈の発見で賑わい建てられたバロック建築の教会が集まる古都オウロ・プレット。古い歴史的建造物のあるサンルイス歴史地区。近くにはレンソイス・マラニャンセス国立公園の美しい砂丘が広がっています。未来都市を想像して建設された首都ブラジリア。ブラジル全国にワクワクする地域がいくつも点在しています。

 

 


[スポンサード・リンク]