フェジョアーダ【feijoada】

Feijoada

フェジョアーダ【feijoada】は、基本的には豆と豚肉、牛肉を煮込んだ料理。

もともと、ブラジル、ポルトガル、アンゴラ、サントメ・プリンシペ、東ティモールなどポルトガルおよびその旧植民地で多く食べられているが、各国で独自の発展をとげてきたため、使われる素材は国によって異なる。 

ポルトガルからの移民が多いブラジルは、特にブラジル色が強く反映され発展し、ブラジルの国民食とまで呼ばれるようになった。

また、世界で最も有名なフェジョアーダ中のフェジョアーダであり、各国のフェジョアーダ・コンプレタ【feijoada completa】とも称され、「完全なフェジョアーダ」を意味する。

まさに、ブラジルを代表する料理といっても過言ではない。

そのフェジョアーダの王様の材料は、黒インゲン豆、リングイッサ、ベーコン、いろいろな牛干し肉、燻製された豚の耳、尻尾、足。あとこれに月桂樹などの香辛料を加え、煮込んでいく。

イメージ的にはビーフシチューやカレーに近いかもしれないが、似ても似つかず、具材から見れる通り、まさに、ブラジルのスタミナ食といってもいいでしょう!

一般的に、にんにくと一緒に炊き込んだ油ご飯と一緒に食べるのが普通で、定食メニューとして、付け合わせとして出てくるのが、コラードグリーン【Collard Greens】とマンジョッカ【mandioca/キャサバ芋、タピオカの原料】。

ちなみに、似たようなものにフェイジャオン【フェジョンfeijão】がありますが、通常はブラジル人の日常食であるフェイジャオン・カリオカ等【Feijão Carioca(Phaseolus vulgaris)数種類ある中、現在一番食されているいんげん豆】の煮込み料理を指し、フェジョアーダとは区別される。

 


[スポンサード・リンク]