シェハスコ・シェラスコ【churrasco】

Churrasco  Churrascaria "Tabajara"

もう肉好きにはたまらない。ことのほか、ブラジル人は肉がすきだなぁっと。

いわゆる、ブラジル式バーベーキューのシェラスコ。ブラジルの肉料理で、金串に大きな肉のかたまりを刺し、塩をふって炭火で焼いたもの。串刺しにする部位・素材は、さまざまな部位の牛肉をはじめ、各種の肉を用いる。中には鶏のハツなども含まれる。

尚、シュラスコを供するレストランを「シュハスカリア」(churrascaria)と呼び、ギャルソン(もしくはシュハスケイロ、牧童の格好をしている場合はガウーショ)と呼ばれる男性ウエイターが串ごと客席に運び、目の前で食べたい量を切り分けるという供し方が特徴。

ただ、そのウエイターたちはどんどん肉を食べさせようと、すごい勢いでやってくる場合が多いですね。またウエイターが持ってくる串は肉類だけではなく、エビやパイナップル焼きバナナなどもある。


[スポンサード・リンク]