カショーホケンチ【cachorro quente】

Vida simples...07/365

ポルトガル語でカショホは犬、ケンチは熱いという意味。いわゆるホットドック。ブラジルの食文化の1つになっています。

日本だと、上から切れ目を入れたコッペパンにソーセージを挟んでケチャップやマスタードを添えるのが一般的ですが、ブラジルのカショーホ・ケンチは横側に切れ目を入れたフランスパンに、あらかじめ調理したサルシッシャをソースごとサンド。トッピングもいろいろあり、お好みで召し上がることができます。

サンパウロやリオといったブラジルの都市には、ブラジルっ子たちが大好きな軽食・スナックを売るスタンド(露店)がたくさんあり、主にハンバーガーやサンドイッチなどが売られていて、パンに挟むもののバリエーションも様々。一番人気は手軽でシンプルな定番メニューですが、中には、軽食・スナックではなくて立派な一食分に相当するほど豪華な具もあります。

 

 


[スポンサード・リンク]