ブラジルグルメ

カテゴライズされた食習慣日常の食事昼食・夕食の基本パターンブラジルのおやつブラジルの代表料理名


ブラジルの一般的な食習慣と多国籍料理ブラジル

移民の国ブラジル。世界各地から新天地を求めて辿り着いた移民によって作られた国柄、当然のこと、さまざまな食文化が入り込み、ブラジルの気候や風土によりアレンジされ、さらに融合されている印象がある。

  • ポルトガル系(西洋系)…バカリャウ、リングイッサ
  • アフリカ系(西アフリカ人)…豆主食、コウベマンティガ
  • イタリア系…パスタ、ピザ、サラミ、モルタデーラ、パネトーネ、コロッケ系の揚げ物
  • アラブ・イスラム圏…キビ、エスフィーハ
  • インディオ(先住民・主に北部を中心)系…キャッサバ


カテゴライズされた食習慣

まとめとして、決まった食べ物を、決まった時間に、決まったように食べる傾向が本当に強いブラジル人。ことあるごとにパーティーなどのイベントをする。まぁ、その点はブラジル以外でも欧米ではよく見かけますね。また、季節に合わせてのイベントも沢山あります。日本人的には、しかも庶民ではそんなにパーティーなんて…思いますが、ただ、季節のイベントレジャーはなんとなくわかります。

ブラジルでは、そんな日常の定番料理のほか、パーティーやレジャーで食べるお決まりの定番料理があり、この時はこれという食習慣があります。日本における、お月見のときのお団子だとか、恵方巻だとかそんな感じです。パーティー食として、もっとも代表的な食べ物はコロッケ類(サルガジーニョス)です。(コッシ-ニャ、ヒゾーレス、クロケッチ、キビなど)。その他にはエスフィーハ、パステルなどが一般的。

また、野外でのバーベキュー・パーティ(シュハスコ・パーティ)であるならばエスペチーニョ(串刺し肉)、リングイッサなどが主力。加えて甘いお菓子類(マリアモーレ、ベイジンニョ、ブリガディロ、キンジン)などが彩りを添えます。特にココナツを使ったお菓子は大人気。 パーティーやイベントを一層盛り上げてくれます。


日常の食事

朝食編(モーニング)

ブラジルの朝食は、当然日本と同様に地域よって違いはありますが、だいたいパンとコーヒー、果物のジュース、あってサラダくらい。

パン+コーヒー(もしくは果物ジュース)+サラダ

ちなみにブラジルのパン屋【パダリア:Padaria】は、食肉加工品【プレズント(ハム)、モルタデーラ(安価なハム)、サラミなど】や乳製品【ケイジョ・プラト(チーズ)】のスライスも行っているので、朝はお好みのものをパンに挟んで食べる。

昼食編(ランチ)

ブラジルの昼食は、基本的に外食ですませることが多い。

定番ランチメニューの中身としては、

主食+フェジョン+肉類+サラダ+付け合わせ

といった3~5点セット。

昼食の場合基本的に主食は米飯ですが、それ例外もあり、たとえばニョッキ、ラザニアといったパスタ類が主食になることも。この場合フェジョンの量が少ないのが普通。また、頻度的には少ないが、肉類以外のおかずで、煮込み類や、バカリャウ(タラの塩蔵品)料理なども食べる時がある。さらに、街のレストランで出される日替わりランチは、だいたいどこの店も曜日ごとのメニュー同じのも特徴。もちろん例外も存在しますのであしからず…

  • 月曜日…ヴィラーダ・パウリスタ【キャッサバ芋の粉と煮た豆・ベーコン・卵・コウベマンティガなどを炒めたもの】
  • 火曜日…ドブラジンニャ
  • 水曜日…フェジョアーダ
  • 木曜日…鶏肉とパスタ【ニョッキ】、またはハバダ【牛テール】とポレンタ
  • 金曜日…魚料理
  • 土曜日…フェジョアーダ

そして、日曜日にはパスタが一般的【+夕飯にはピザ】。ちなみに、金曜日は肉食禁忌、それゆえに木曜日は腹もちのいいニョッキを食べるなどの、キリスト教ならではの習慣もある。

夕食編(ディナー)

日本と同様、ブラジルもその日一番の食事が夕飯。まってました!ブラジルの夕食は、昼食の内容にリングイッサを加えた組み合わせが一般的。

主食+フェジョン+肉類+サラダ+リングイッサ(もしくは安価なカラブレザー・デフマーダ)

もちろん昼食と同様例外も有り、主食としてレストランやケータリングでピザをたべる事も多い。イタリア食文化の影響が色濃いブラジルならでは。さらには、使用頻度がかなり高い食材にベーコンもあります。

どんなものにでも合わせられるオールマイティー食材として位置付けられていて、家庭によってフェジョンやファロッファ、炒め物にも多く使われている。また、比較的ベーコンに近い使われ方をしているのがカルネ・セッカやシャルケなどの干し肉類。塩抜きし、ベーコン同様、幅広く使われています。


昼食・夕食の基本パターン

  • 主食…日系ブラジル人の場合、やはり米食が多く、ヨーロッパ系ではパンが多い。米食の場合、インディカ米が主流で、普通に炊かれた米飯のほか、米を炒め、炊き上げた「油ご飯」がある。
  • フェジョン…カリオカ豆(地域によっては黒豆の場合も)を煮込んだもので、日々、1日に2回は欠かすことなく同じフェジョンを食べる。ただ、日本の味噌汁的位置の料理ですが、各家庭の味付け、風味付けはあるものの、具材が変わることはまずない。
  • 肉類…牛・鶏・豚の順で多く食べられ、調理法はソテーやミラネーゼ(イタリア風うすいカツレツのチーズのせ)などが主
  • サラダ…生野菜にドレッシング、トッピングでフェジョン・ブランカ(白豆)、サルシッシャ(赤ウィンナー)なども
  • 付け合わせ…付け合せとして、しばしばファロッファやキャッサバのフライなど


ブラジルのおやつ

とにかく比類なく甘いものへの依存度は大。地産の甘味物には、さっぱりとした甘さ!なんてものはなく、甘いものはとことん甘く、ん~とにかく甘ったるい…。砂糖が名産だったポルトガルの影響から、とか、かつて砂糖が贅沢の象徴だったから、はたまた、お料理の塩気が強いから、などとよく推測されています。私としては、甘党ではないので、カショホ・ケンチ(いわゆるホットドッグ)だったり、パステル(パイ生地の包み揚げ的)やプルルッカ(豚皮の素揚げ)などがおススメ。

ブラジリアン・ドルチェ「ドッセ」

ドッセとは、いわゆる甘ぁ~いぃデザートを意味するポルトガル語。日本では甘味、イタリアならばドルチェ、英語圏ならばスイーツと同じ意味。ここで日本で一般的に使われているスイーツを使わずドルチェと書いたのは、ブラジルはポルトガルやスペインのお菓子の影響が大きいから。まぁ、イタリアではないんですけど…西欧諸国だから近いので。その一番の特徴と言えば、卵+砂糖+牛乳を使ったカスタード・クリームを、蒸したり、ベイクしたりと発展させた数多くのお菓子。

ただ、忘れてならないのは、ここはブラジル。いわゆる牛乳という素材が、ブラジルに豊富にある、ココナッツ・ミルクやコンデンス・ミルクと代用されブラジル的な情熱のカスタード・クリームとなること。つまり、牛乳を使わないとなると、お菓子にも生クリームはあまり使用せず、クリームのベースは情熱のカスタード・クリーム。そして更に、ココナッツ。ブラジルのお菓子には欠かせず、生のココナツ果肉を細かくおろして使います。生ココナッツ使用って、日本ではあまりマネできません。

また、焼き菓子では、ボーロ(ケーキ)やトルタ(タルト)以外では案外、小麦粉を使った焼き菓子が少なく、やはりここはブラジル。豊富なキャッサバやとうもろこしのでん粉を使うケースがとても多く、結果として小麦粉を使った焼き菓子を少なく感じるんだろうと。


ブラジルの代表的料理名

シュハスコ / フェジョアーダ / アホース・カヘテイロ / エスフィーハ / カショホケンチ / キビ / キンジン / クロケッチ・デ・バカリャウ / ソッパ・デ・モコト / ソニョ / トゥトゥ・ジ・フェイジョン / ドブラジンニャ / パステル・デ・カルネ / バチーダ・デ・マンガ / パンケッカ / ヒゾーレス / ビラーダ・パウリスタ / ファロッファ / フェジョン / ブリガデイロ / ベイジンニョ / ボボ・デ・カマラオ / ポン・デ・ケイジョ / ムケッカ・デ・ペイシ / リングイッサ / リングイッサ・コン・ヴィナグレッチ / エスペチーニョ / コッシーニャ


[スポンサード・リンク]