イースター【pascoa:パスコア・復活祭】

Procissão dos Passos - Semana Santa 2013
by Prefeitura de Olinda, on Flickr

イースター(pascoa・パスコア・復活祭)は、キリスト教徒にとって最も大切なお祭りです。イエス・キリストは金曜日に十字架にかけられて亡くなったとされ、その三日後に復活したことを記念する日です。この日は、キリストの苦しみに敬意を表し、聖木曜日、聖金曜日に肉類を食べません。そのために代替えとして魚介類(主にバカリャオ:タラ)を食べるようになりました。そして、復活祭の日、人びとは教会の復活祭ミサへでかけます。

Ovo de Páscoa - Easter Egg
by carlosluz, on Flickr

また、イースターの日には、イースターの飾りや贈り物に使う、イースターエッグ(Ovo de Pascoa、オーボジパスコア)という卵があります。ブラジルでは卵を模ったチョコレートが主役で、スーパーマーケットにはカラフルな包装紙で包まれたイースターエッグが販売されます。家庭では、子供たちと一緒にゆで卵に絵や色をつけたり、「カッサ・デ・オーヴォ 」(卵狩り)のために卵を隠したり、家族や友人たちの間で、復活祭を祝う「FELIZ PASCOA」(イースターおめでとう)と書いたカードを送りあう習慣もあります。

尚、イースターの日どりは、「春分の後の最初の満月に次ぐ日曜日」と決定されており、年によって祝祭日が異なります。


[スポンサード・リンク]