レシフェ(Recife)/アレナ・ペルナンブーコ(Arena Pernambuco)

レシフェ(現地では「ヘシフェ」と発音する)は、ペルナンブコ州の州都である。レシフェはいきいきしている町で、明るい文化にあふれている。おもしろい旧市街と美しいビーチもある。

観光スポット

Convento Franciscano de Santo Antonio修道院


Capela Dourada

1588年に建てられたバロック様式な修道院。中にはとても派手なCapela Dourada(金の教会)がある。見るべき!

Praca do Arsenal(アルセナル広場)


Frevoという踊り

Paco do Frevoという建物のある広場。ここでレシフェのカーニバルで欠かせない踊りFrevo「フレボー」の展示やパフォマンスや教室が行う。

Oficina Ceramica Francisco Brennand(タイル工場)

ブラリルの最も偉大な陶芸家と言われるFrancisco Brennand氏がBrennand家族のタイル工場を復興させた。現在ここでは彼の様々な作品を見ることができる。工場内にも外のグラウンドにも色々な絵やタイルや彫刻が展示されている。グラウンドは熱帯雨林の中位置していて、お寺も変わった彫刻もあちこち置いてある。

Mercado de Sao Jose(サン・ホゼ市場)

Pernambucoの名物であるレース編みのグッズや革のグッズ、食べ物や医療用のハーブを売ってある。

Casa da Cultura

現地の手工芸品やたくさんのTシャッツを売ってある元の刑務所であった建物。各獄室だった部屋がお店になって、ちょっとこわい雰囲気!

Paco Alfandega (Rua de Alfandega 35, Recife Antigo)

心地のいいモダンなショピング・モール。ポルトガル語ではPaco Alfandegaは「税関宮殿」という意味である。モールの建物は1700年代のコロニアル様式な税関所であった。モールの中には人気なナイトクラブとおいしいレストランもある。おすすめ。

Boa Viagem Beach

都市のビーチとして世界一美しいかも。真っ白な砂浜の前のホテルとレストランは8kmに続く。ビーチ沿いの通りは広い歩道もあって、ここで屋台が並んでいる。Agua de coco ココナッツ水を飲んでみてもいいかも。ビーチにもいろんな物を売って来る人達がやって来るでしょう。ちょっとしつこい人も。そんなときは笑顔でNao(ナウ)と言えば大丈夫でしょう。珊瑚礁の壁まで泳ぐのもいい。壁の向こう側はちょっと危ないので辞めた方がいい(サメの恐れがある)。

プレースポット

Capibaribe川で双胴船を乗る(Catamaran Tours, Cais das Cinco Pontas)

毎日の16:00~と20:00~。1時間15分のツアー。

難破船パークでスキューバ

レシフェはブラジルの沈没の首都といわれる。レシフェの海岸の近くに100艘以上の船が沈没しているようで、観光客が潜ってもいいのは15艘。珊瑚礁もあるので、スキューバの好きな人にとって、レシフェは最高。

グルメ情報(名物)

Bolo de Rolo(ロール・ケーキ)・Bolo Sousa Leao

発生地はレシフェであり。伝統的なケーキ。おいしいよ!

Caldinho

どこにでも売ってあるスープである。味はいろいろ、黒豆やエビとか。注文すれば、”Completa?”と聞かれる。「完成」という意味で「はい」と言ったら小さなゆで卵などが付く。

ビーチのおつまみ

ビーチ・チェアーとパラソルはただで借りることができる。その代わり、借りた人からつまみを買ってください。色々な食べ物を売っている人が回ってくるでしょう。

例えばエビ(新鮮かどうかを確かめるために「プローバ」と言ったらただで試食ができる)、カキ(一個一個開けてもらってからライムと塩とクミンをかけて食べる)、カニ、チーズ焼き、鶏肉と牛肉の焼き鳥、Caldinhoスープ(水筒の中はスープだ!)、うずらの卵、ナッツ、等。

グルメ情報(レストラン)

Bargaco (Avenida Bao Viagem, 670, Boa Viagem)

レシフェのシーフードと魚を食べたいなら、ここが一番と言われる。例えばMoqueca(モケーカ)という野菜とココナッツミルクの入ったシーフード・スチュー。

Carne-de-Sol do Cunha (Rua Rigueira Costa, 80, Rosarinho (Zona Norte))

地元の人に人気。Pernambuca地方の料理。

Parraxaxa (Rua Baltazar Pereira, 32, Boa Viagem)

北東地方のテーマのレストラン。スタッフはみんな警察と犯罪者の格好をしている。とても楽しい雰囲気。

Porcao (Avenida Engenheiro Domingos Ferreira, 4215, Boa Viagem)

ブラジルの代表的な肉料理Churrasco(シュハッスコ)を食べてみたいなら、Porcaoがおすすめ。

※日曜日にはダウンタウンは行かないほうがいい。人は非常に少なくて逆に危ない。

ワールドカップ開催予定競技場
アレナ・ペルナンブーコ(Arena Pernambuco)


By Portal da Copa/ME [CC-BY-3.0-br], via Wikimedia Commons

(収容4万4248人)1次L、決勝T〈1〉

別名シダヂ・ダ・コパ。大会終了後はナウチコの本拠地となります。スタジアムとしての機能だけでなく、ホテルやショッピングセンター、レストラン、映画館、バーなど通常ある複合施設ではなく、コンベンションセンターや大学のキャンパス、商業、住宅ユニットなどもある、大型複合施設となっています。2013 ブラジル コンフェデレーションズカップ(コンフェデ杯)では日本 vs イタリア戦などが行われました。


[スポンサード・リンク]