ポルト・アレグレ(Porto Alegre)/ベイラ・リオ(Estádio Beira-Rio)

「幸せな港」という意味のポルト・アレグレはブラジルの南部にある。グアイバ川沿いに位置しているリオグランデ・ド・スル州の州都である。この州は昔から牧蓄が盛んだところで、今でもカウボーイ文化(ポルトガル語でガウーショ)が残っている。主産業が牧蓄業のため、シュハスコは安くておいしい!
ブラジルは暑いイメージがあるけど、ポルト・アレグレは南にあるため、冬(6月~9月)の気温は-1℃~19℃。

観光スポット

Linha Turismo(観光バス)

2段オープンバスで11地区を回る観光バス。英語のオーディオ・ガイドもあり。1時間20分のツアーでポルト・アレグレのアトラックションが見れる。火~日

Cathedral Metropolitana教会 (Praca da Matrix通り、セントロ)

丘の上にあるネオクラシッカル様式な教会。ポルト・アレグレの名所のひとつ。

Parque Farroupilha(ファホウピーリャ公園)

最も広い公園である。地元の人にも人気で、「ヘデンチャオ」とも呼ばれる。緑の中でリラックスしてもいいし、日曜日に行ってみたら、人気のフリー・マーケットが開かれる。

グアイバ川のクルーズ:グアイバ川で町を眺めながら1時間のクルーズはいかが。船は2種類あって、Centro Cultural do Usino Gasometroの裏から出航する船とDucas Turisticasという港から出航する新しい船。

プレイスポット

Bourbon Shopping Wallig

ショッピング・モールはたくさんあって、地元の人には人気。その中で現在のところ、一番新しい。南アメリカの最も大きいモールでもある。

グルメ情報(練習)

Churrascaria Giovanaz (Venancio Aires)

安いシュカスコ。肉とその他を食べ放題でR$25以下。

Na Brasa (Rua Ramiro Barcelos, 389)

このシュハスカリアはちょっと高いけど、ポルト・アレグレで一番とよく言われる。サラダ、野菜、果物なども食べ放題だから、これだけでお腹がいっぱいにならないこと!お肉は”rodizio”式だから、ウェーターたちがテーブルに色々な肉を持ってきて、好きなところを切り落としてもらう。サービスもとてもいい。

Lancheria do Parque (Avenida Osvaldo Aranha, 1086)

ファホウピーリャ公園の向かい側にある。安い割にはとてもおいしくておすすめ。ランチのブーフェは新鮮でおいしいし、メニューからのジュースやビタミナスはおいしくて大きい。Bauruサンドウィッチ(ステーキや鶏肉と卵とチーズ、レタスとトマト)もおすすめ。ブーフェはR$6~。

ワールドカップ開催予定競技場
ベイラ・リオ(Estádio Beira-Rio)


By Copa2014.gov.br (Brazilian Government) [CC-BY-3.0-br], via Wikimedia Commons

(収容4万8849人)1次L、決勝T〈1〉

1969年に本拠地であったエスタジオ・ドス・エウカリプトスに代わり開場した。インテルナシオナルと強豪グレミオの本拠地。グレミオから、ロナウジーニョら多くの選手を輩出しているサッカータウン。正式名称はエスタジオ・ジョゼ・ピニェイロ・ボルダ。


[スポンサード・リンク]