ナタール(Natal)/アレーナ・ダス・ドゥーナス(Estádio das Dunas)

ブラジルの北東地方に位置していて、リオ・グランジ・ド・ノルテ州の州都で、美しい海岸線が広がるリゾート都市。ポルトガル語で「クリスマス」という意味で、1599年12月25日に市制施行したのが由来。ブラジル人は「ナターウ」と発音する。ナタールのビーチと高い砂丘が有名で、リオ・グランジ・ド・ノルテ州の美しい海岸の出発点として利用されている。ナタールからちょっと北方面に行くと素晴らしい砂丘と透明な池のあるGenipabuに着く。ナタールから85km南にあるイルカ・ウォッチンクが有名なPraia do Pipaがある。

治安については、以前、ナタールはブラジルの最も安全な州都と自慢ができたけど、最近はそうじゃなくなったみたい。やはり観光客を狙う人が増えてきたよう。すりが一番多い。特に、ビーチに行く時、貴重品を持って行かないこと。ナタールの街を地方に分けてみるとこんな感じです。

  • 南エリア
    最も裕福なところ。多くのホテル,レストラン,お店があって、ほとんどの観光客がこの辺に泊まる。Ponta Negraビーチもこの辺。
  • 東エリア
    旧市街があるところ。ヘイス・マーゴス要塞や観光客も地元の人にも人気のビーチPraia do MeioとPraia dos Artistasがあるところ。
  • 北エリア
    一番人口の多いところ。街の眺めがきれいなRedinhaビーチはとてもローカルな感じがする。
  • 西エリア
    一番貧しいエリア。バス・ターミナルが位置している。

観光スポット

Forte dos Reis Magos(ヘイス・マーゴス要塞)

1598年に築かれ、星型の要塞。要塞からの景色は本当に奇麗。Praia do Forteビーチから500mの歩道を歩いて行けるけど、最近ちょっと治安が悪くなって、タクシで行くのはおすすめ。

Parque das Dunas(砂丘の公園)

海岸のそばにある1,170万平方メートルの自然公園。砂丘が有名。公園の入口にはレクレーションの施設もある。

街のビーチでは、売店のテーブルや椅子を使用していい。安い料金がかかる場合もあるが、売店で何かお買い物したら無料の場合もある。

  • Ponta Negra
    観光客とお金持ちの地元の人に人気。奇麗で色々な設備がある。レストランもたくさんある。ここからナタールの一番高い砂丘が見える。
  • Via Costeira
    何も設備がないため、人はほとんどいない。
  • Praia dos Artistas
    以前は最も人気のビーチであったが、今は地元の人がほとんど。Ponta Negraほど奇麗じゃない。しかし、ホテル、バー,レストラン等揃っているし、サーフィングにふさわしい波もある。
  • Praia do Meio
    Praia dos Artistasに繋がっている。同じようなところ。
  • Praia do Forte
    設備がないため、人はほとんどいない。
  • Redinha
    地元の人が多い。売店の食べ物はとにかく安い。ここのプラットフォームを先まで歩いてみたら、景色が素晴らしい。

プレースポット

バギー

ナタールの周辺の海岸もっと冒険したいなら、ドライバー付きのバギーのツアーはいいかも。

ドライバーはホテルまで送り迎えする。砂浜を通て、途中で好きなところで止まって、写真を撮ったりお土産を買ったり泳いだり遊んだり(砂ボードやジップラインなど)できる。絶対水着を着てタオルを持って来るべき!半日から一日までかかるアクティビティ。

参加する人はブラジル人の観光客が多いため、英語話せないドライバーが多いけど、ジェスチャーなでで大体なんとかなる。絶対おすすめ!

ドライバー付きのバギー一台を一日でだいたいR$320~360かかる。Top BuggyとMarazuiは評判のいい会社の2つ。

スキューバ

Maracajauビーチまでのツアに参加して、海岸から7キロ離れているParrachosというところでスキューバ!Maracajauの海は「ブラジルのカリブ海」と呼ばれている。珊瑚礁で熱帯魚を見て、美しいビーチで昼ご飯を食べて、ホテルまでの送り迎え付きの一日ツア。

グルメ情報(ナタールの料理)

Carne do sol

塩漬けた肉を4日ぐらい日干しにする。

Escondidinhos de carne do sol

Carne do solの肉とマシド・ポテトと野菜のチーズグラタン

Tapioca

キャッサバ粉でできているクレープみたいなサンドウィッチ。チーズ、グアバ・ジャム、ベーコンなど、いろいろ入れて食べる。

Moqueca

玉ねぎ、甘いトウガラシ、トマト、やしの油、ココナッツミルクが入った魚のスチューをオーブンで焼いて上にコリアンダーとゆで卵を乗せる。

エビ

ナタールの名物。ナタール人は”potiguares”(エビ食い)とも呼ばれる。

グルメ情報(レストラン)

Camaroes Potiguar

ナタールの名物はエビ。エビ料理のレストランはとても多いけど、一番おすすめはCamaroes。カボチャの中のエビやタイ風エビやカリカリエビとリゾットなどなど。肉と魚料理もある。いつも多いので、待っている間、バーで一杯でも。それか、待ちたくない場合は400m離れている本店のCamaroes Restauranteもおすすめ。

Praia do Redinhaビーチ

地元の人と触れ合いながら、安いスタンドやレストランで食べるのもいいかも。ここの名物はGinga com tapioca。これはGingaという小さな魚を串で焼いて、何本を串のままパンケーキみたいなタピオカの中に入れたという手料理。串を抜いてから食べてみて。おいしいよ!

Choperia Petropolis

ただ歩道にいくつかのテーブルと椅子が置いてあるだけみたいなバー / レストランだけど、ここの名物はとてもおいしい。おすすめはpernil ao forno (豚のモモ)とcaldinhos(辛い豆スープ)と超冷たいchope(生ビール)!

Farol Bar (Via Costeira通り)

地元の家族連れが多い。シンプルな地方の料理が安くておいしいし、景色も奇麗!

ワールドカップ開催予定競技場
アレーナ・ダス・ドゥーナス(Estádio das Dunas)


By Portal da Copa/ME (Portal da Copa do Mundo de 2014) [CC-BY-3.0-br], via Wikimedia Commons

(収容4万2086人)1次L

2014年開場予定。2011年に取り壊されたマシャドンスタジアムの代わりに建設されます。ドゥーナス(Dunas)は「砂丘」という意味で、「南米で最も完璧なスタジアム」などと称賛する声もあります。また、開発プロジェクトとしてショッピングセンターや商業ビル、ホテルや球場の建設が予定されています。


[スポンサード・リンク]