クリチバ(Curitiba)/アレーナ・ダ・バイシャーダ(Arena da Baixada)

クリチバはブラジルの南部に位置する、パラナ州の州都です。ポルトガル語で「クリティーバ」と発音します。標高およそ940mで、州内でも有数の高地に属します。植民都市として築かれ、ブラジル南部では最大の都市として位置しています。

観光スポット

Jardim Botanico(植物園)の温室

Jardim Botanico(植物園)

フランス風な植物園で花や池や緑を楽しめる。変わった形の温室の横には展示スペースがある。

「目」をイメージした美術館の一部

オスカー・ニーマイヤー美術館(Museu Oscar Neimeyer)

ブラジルの有名な建築家オスカー・ニーマイヤーがデザインした美術館。彼の様々な作品(模型)が見られます。

Paco da Liberdade Cultural Centre (Praca Generoso Marques, 180, Centro)

この奇麗な建物は元市役所だった。今はカフェがあり、ここでコーヒーを飲むのはおすすめ。ウェーターたちはみんな実習中でサービスは大変すばらしい。とてもいい雰囲気で、たまにライブ音楽が行われます。

Paco da Liberdade Cultural Centre

セトール・イストリコ(Setor Historico de Curitiba)

クリチバの歴史的な中心地区はとてもチャーミングで、ここで建物を眺めながらぶらぶらするのはとても楽しくおススメです。

Praca da Espanha

たくさんのバーやレストランが並んでいる、とてもにぎやかな広場で、週末はイベントやアンティーク市などが開かれています。

セトール・イストリコグルメ情報(レストラン情報)

Batel Grill Churrascaria

空腹で来ることが大事!ブラジルの代表的なバーベキューシュカスコのお店。サラダ、パスタなどはブーフェ方式で食べ放題。お肉の食べ方はRodizio式(ホディジィオ)でこのRodizioとは「くるくる廻る」という意味で20~30人のウェーターが色々な肉(牛肉だけじゃなく、豚肉、羊肉、等)をテーブルまで持って来る。ストップを言うまでとにかく持って来る!ぜったい欠かせない体験だ!値段はリーズナブル。

Quintana(Av. do Batel, 1440, Batel)

ブラジル料理でランチのみ。味もサービスも雰囲気も最高。メニューは毎日変わる。新鮮な材料とおいしいスパイスは変わらない。土日はランチじゃなくてブランチでかなり込みます。

Badida(Av. Sete de Setembro, 6045, Batel)

ブラジルのバーベキュー(シュハスコ)だけど、食べ放題じゃくて、メニューから注文します。値段はリーズナブル。英語のメニューもあります。ステーキはとにかく最高!オーダブルもおいしいけど、食べ過ぎないように!(ステーキは入らなくなる!)ビールは冷たいしワインもいろいろあります。

ワールドカップ開催予定競技場
アレーナ・ダ・バイシャーダ(Arena da Baixada)

Arenadabaixada
By Brazilian Government (http://www.copa2014.gov.br/) [CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

(収容4万1456人) 1次L

1914年開場した、国内サッカーリーグ、カンピオナート・ブラジレイロ所属のサッカークラブ「アトレチコ・パラナエンセ」が本拠地としています。また、05~08年の間、京セラ・アレナ(Kyocera Arena)として京セラがネーミングライツを獲得していた時期もあります。99年に拡張されましたが、W杯仕様に再び改装工事を行っています。


[スポンサード・リンク]