ブラジリア(Brasília)/ナシオナル(Estádio Nacional)

ブラジリア(ポルトガル語: Brasília)は、ブラジルの首都で連邦直轄地区。リオデジャネイロより遷都。ブラジルの内陸中部の標高約1,100mの高原地帯に建設された、計画都市です。いわゆるハザードに作られた人工首都。なにも基盤がないところから始めたということは、砂漠の中のカジノ建設みたいなものだった。

観光スポット

  • アルボラーダ宮殿(大統領官邸)
  • 国会議事堂
  • 三権広場
  • カテドラル・メトロポリターナ
  • ドンボスコ聖堂
  • クビチェック大統領記念館
  • 国立美術館
  • ジュセリーノ・クビチェック橋
  • 国立劇場
  • テレビ塔

ワールドカップ開催予定競技場
ナシオナル(Estádio Nacional)


By Copa2014.gov.br (Brazilian Government) (Copa2014.gov.br) [CC-BY-3.0-br], via Wikimedia Commons

(収容7万64人)1次L、決勝T〈1〉、準々決勝、3位決定戦

1974年に開場。当時は2度のW杯優勝に貢献した元サッカーブラジル代表選手FWのガリンシャにちなみエスタジオ・マネ・ガリンシャの名称で使われていました。2013 ブラジル コンフェデレーションズカップ(コンフェデ杯)では開幕戦であるブラジル vs 日本の会場でもあります。

 


[スポンサード・リンク]