「2014 FIFAワールドカップ ブラジル」(NHK 8K スーパーハイビジョン パブリックビューイング)

ワールドカップサッカー・ブラジル大会の日本対コートジボワール戦(6月15日)、日本対ギリシャ戦(6月17日)を始めとする全9試合のNHKによる8Kスーパーハイビジョンを使用した無料パブリックビューイング(抽選)を国内4会場で開催するとの事だ。
遠いブラジルでの現地試合観賞はできないサッカーファンにとっては臨場感あふれる試合の模様を目の当たりにできるビッグチャンスだろう。

「NHK 8Kスーパーハイビジョン」は、現行ハイビジョンの16倍の画素を誇る超高精細映像と22.2マルチチャンネルの3次元音響を使用した世界最先端のシステムで、かつてないリアルな映像、圧倒的な臨場感を誇る近未来の放送メディアと言われ、NHKが中心となって開発を進めてきたもの。
今回の試みは、FIFAと共同制作し生中継を実施するという。

4会場の内、横浜ではイオンシネマ港北ニュータウンで開催される予定。約130席が抽選で決定されるということだ。

この他、東京、大阪、徳島にパブリックビューイング会場が設置される予定だという。

応募方法等の詳細は以下のサイトを参考にされたい。


[スポンサード・リンク]